巨人 DeNA・梶谷&井納のダブル獲り狙う 外野手&先発投手の補強ポイント強化

[ 2020年12月6日 05:31 ]

FA宣言をしたDeNAの梶谷(左)と井納
Photo By スポニチ

 巨人は、DeNAの梶谷と井納のダブル獲りを狙う。梶谷は今季主に1番で109試合に出場。規定打席に到達したシーズンではキャリアハイの打率・323(リーグ2位)で19本塁打、53打点をマークした。巨人はリーグ3連覇に向けて外野手が補強ポイントで、梶谷の優勝を切望する思いと合致する。DeNAは宣言残留を認めているものの、巨人が大本命とみられ、事態が一気に進展する可能性がある。

 もう一つの補強ポイントが先発投手で、ローテーションの一角として期待する井納獲りに乗り出す。今季チームトップの14勝を挙げたエースの菅野は残留する選択肢も持った上で、大リーグ球団の話を聞くためにポスティングシステムを利用する。菅野に次ぐ成績を残したのは9勝の戸郷で、先発陣の駒不足解消は急務となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年12月6日のニュース