“落合博満伝説”本人が真相告白 エースの決め球狙い打ち?バット0・1ミリの違いに気づいた?

[ 2019年12月29日 22:01 ]

落合博満氏
Photo By スポニチ

 元中日監督で野球解説者の落合博満氏(66)が28日放送のBS1「レジェンドの目撃者 三冠王 落合博満」(土曜後11・00)に出演。証言者が語る落合氏の秘話について本人が解説した。

 現役時代に史上最多3度の3冠王に輝いた落合氏。阪急で通算284勝を挙げた山田久志氏(71)やロッテ時代の専属打撃投手を務めた立野清広さんが「目撃者」としてVTR出演し、落合氏の凄さや謎めいた練習法について明かした。

 山田氏が「落合というバッターは、その投手が持っている一番いい球をいかに打つかと考えていた。練習をしてエース級の決め球を攻略したのが落合」と証言すると、落合氏は「投手の決め球を待っていたというのは、その通りです。投手は自分のウイニングボールで三振をとることを求めている。内野ゴロや外野フライでアウトをとることを良しとしていない。ということは、2ストライクと追い込まれたら、次は決め球しかこない。これを打つか打たないか。打てば投手との関係が生まれる」と語った。

 また、中日時代の番記者だった北辻利寿さんが落合氏の凄さを証言。打席に立つ時は素手でバットを握っていた落合氏が、ある日、バット職人がつくったバットを受け取った時に「バットが太いよ。ノギス(0・05ミリ単位まで測れる測定器)で測ってみて」と指摘。すると微妙にノギスがずれていて、0・1ミリ太かったという。

 落合氏は0・1ミリの違いに気づいた驚異の感覚について「バットが届いた時は、握る時間を決めていた。朝届いたから朝握るわけじゃない。朝は手がむくんでいるから。午後になって4時、5時ぐらいは手の感覚が普通になっている。バットを握る時は午後4時なら午後4時と時間をきっちり決めていた。同じバットでも朝と午後では感触が違うから」と説明。

 MCの副島萌生アナが「そこまで繊細に…」と驚くと、「これが俺の道具で、メシの種だから。道具を大事にしなかったらどうするのよ」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月29日のニュース