広島 島内「中崎塾」に入門へ「“ぜひお願いします”と」

[ 2019年12月29日 05:30 ]

広島・島内
Photo By スポニチ

 広島・島内は「中崎塾」に入門することを明かした。年明けに、中崎、塹江の3人で三重県内の施設で合同自主トレを行う。「塹江から“中崎さんが一緒にやらないかと言っている”と聞いたので“ぜひお願いします”となった。体力を落とすことなくやっていきたい」。中崎と塹江は、ともに3年連続で自主トレを行っており、塹江と同学年の島内が“新メンバー”として加わる形となった。

 大卒1年目の今季は、全て救援として25試合に登板。150キロ超の直球を持ちながら、制球面が安定しなかった。「落ち着いているときは自分の球を投げられたけど、平常心でいられることが少なかった。心の持ちようとかを中崎さんに聞きたい」。故障で日南秋季キャンプに不参加だったため、春季キャンプは2軍スタートの可能性が高い。「出遅れているので初日からアピールしたい。先発か分からないけど、中継ぎなら7回以降で結果を出せるような立場になりたい」と、中崎から“抑えイズム”を吸収する。(河合 洋介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月29日のニュース