井口監督が変えたロッテ 来季は勝負の3年目

[ 2019年12月29日 09:30 ]

ロッテ・井口監督
Photo By スポニチ

 今季のロッテを振り返った時、一番印象的だったのは3月29日の開幕戦(対楽天、ZOZOマリン)だった。チームのリーダーとして不動の地位だった鈴木の名前が、スタメンから外れていたのだ。それだけではない。試合でも一度も名前を呼ばれることなく、連続試合出場は532試合で止まった。

 連続試合出場などの個人記録はよほどの不調やケガでない限り、首脳陣が気遣い、代打や代走での出場機会を与える。この時は真意を測りかねたが、後日、井口監督の話を聞いて納得した。

 「大地(鈴木)はこのまま、打率・260そこそこ、ホームラン一桁の選手で終わっていいのか? そんな思いがあったんです」

 長らく一緒にプレーしてきた指揮官は鈴木の能力があれば「打率3割、2桁本塁打」の力はあると考えていた。現在の立ち位置に満足してはいないか?考えた末、危機感を与えることを決めた。

 本人の目の色は変わった。本拠地の練習開始前、早出特打のロングティーを行う背番号7の姿は日常となった。「1日1日を大切にしたい」。毎日、出し切ったと思える日々の積み重ねが、キャリアハイのシーズンの原動力となる。9月上旬までは打率3割をキープし、一時は首位打者争いにも加わるなど、打率・288、15本塁打、68打点。夏場に「大地は変わりましたね」と問いかけると指揮官は「来年は三塁で固定しようかと思う」と殻を破った男の成長を喜んでいた。

 このオフに鈴木は国内FA宣言し、楽天へと移籍。その構想が実現することはなかったが、同じように「開幕」で外された荻野、清田もそれぞれ、1番打者と代打の切り札で納得する成績を残した。厳しさの裏側にはそれだけの期待がある。秋季キャンプからは加藤がメンバーから外れた。一番振り込ませたい時期だが、これもまた心を鬼にした指揮官の「無言のメッセージ」だと思った。

 オフには国内FA移籍で楽天・美馬、ソフトバンク・福田と球団初の「FAダブル獲り」に成功。元広島ジャクソン、前楽天ハーマンと思い通りの補強が進んだ。一方、エース・涌井は楽天へ金銭トレードで去った。種市、二木、岩下といった伸び盛りの若手が、抜けた「支柱」をどう、支えるのか。試しているのかもしれない。

 ロッテは変わった。井口監督が変えたと思う。来季は勝負の3年目。残念なのは球団担当として、間近で見られないことだ。このオフの取材では「優勝争いをします」との言葉を何度も聞いた。その戦いぶりは一人の野球ファンに戻り、客席から眺めようと思う。(ロッテ担当・福浦 健太郎)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月29日のニュース