DeNA・山崎 五輪イヤー高速仕上げプラン!「初日からピッチング」

[ 2019年12月8日 05:30 ]

ベースボールクリニックで小学生に講義をするDeNA・山崎
Photo By スポニチ

 DeNA・山崎が「高速仕上げ」で五輪イヤーをスタートさせる。東京五輪の影響で開幕が1週間前倒しとなる来季。「今まではキャンプ第1クールは(ペースを)上げていなかったが、初日からピッチングすることになると思う」と2月1日のブルペン入りを宣言。実戦登板についても「早くなると考えている」と意欲を示した。

 1月下旬に温暖な地で行う自主トレでも仮設マウンドを用意。昨オフは体づくり中心だったが「今年はピッチングもして遅れないようにしたい」とプランを口にした。この日は川崎市内で行われたアンダーアーマーベースボールフェスタに参加し、小学生に夢を持つ大切さを語り掛けた。11月のプレミア12で侍ジャパンを世界一に導いた守護神は「(五輪は)地元横浜開催なので(代表に)選ばれるように、そして胴上げ投手になれるように」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月8日のニュース