巨人・原監督 来春の沖縄キャンプは「もう実戦 やや早めに仕上げるという意識」

[ 2019年12月8日 05:30 ]

野球少年に囲まれて笑顔を見せる巨人・原監督
Photo By スポニチ

 巨人の原監督が沖縄県那覇市で開催された「ファンケル キッズベースボール」で総監督として野球指導を行った。来春は1次キャンプ地の宮崎から移動し、同地で2月15日から25日までキャンプを張る予定。東京五輪の影響で開幕が約1週間早まることを見越し「こっち(沖縄)はもう実戦。やや早めに仕上げるという意識は必要。」と話した。

 今年は同地でのキャンプ16日間で6試合組まれた実戦を増加させる見込みだ。宮崎では、今秋プレミア12に出場した坂本勇や丸らが1軍の全体練習を離れて、ファームで調整するプランがある。原監督は「ゲームができるような状態に仕上げてきてくれと。そしてここ(沖縄)から(1軍に)合流しようということ」と説明した。(神田 佑)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月8日のニュース