中日「チアドラゴンズ」18名が合格 10年ぶりに姉妹チアが誕生

[ 2019年12月8日 18:25 ]

チアドラゴンズ2020オーディション ( 2019年12月8日    ナゴヤD )

チアドラゴンズ2020メンバーに決定した(前列左から)NAIKI、SARA、SERINA、YUKINO、HAZUKI(2列目左から)NANAKA、RINO、PIASU、MANA、SHINO、AYAMI(後列左から)RAMU、HONOKA、KANA、HIMARI、MIKOTO、KAREN、MIRAI
Photo By スポニチ

 中日のオフィシャルチアリーティングチーム「チアドラゴンズ」の2020オーディションが8日、ナゴヤドームで行われ、102名の応募の中から新加入3名を含む18名が合格した。

 来季は優勝した2010年以来、10年ぶりに姉妹チア誕生が決定。今年度に引き続き名を連ねたSARAの妹で、新加入となる元AKB48の前田敦子似のRAMUは「みんなに追いつけるように頑張る。ドラゴンズが優勝できるように私たちも一生懸命取り組みたい。ずっとお姉ちゃんに憧れて頑張ってきたので、お姉ちゃんと一緒にできてうれしい」と喜びを爆発させた。2人はRAMUが中学生、SARAが高校生のときチアドラキッズのプレミアムクラスで3年間ともに活動していた。SARAは「私たちはダンスをプロとしてやっている。妹としてではなくメンバーの一人として引っ張っていけるように」と気を引き締め「私たちもドラゴンズと一緒にどんどん成長していきたい。チームが優勝できるように、クライマックスを一緒に迎えましょう!」と竜党に呼びかけた。

 新メンバーは来季のナゴヤドーム開催のオープン戦の最終戦でお披露目される予定。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月8日のニュース