阪神・秋山 逆襲へ規定投球回到達目標 1軍定着できなかった悔しさ来季晴らす

[ 2019年12月8日 05:30 ]

野球教室で中学生に指導する秋山
Photo By スポニチ

 地元である愛媛県西条市のイベントで、小、中学生と交流した阪神・秋山は7日、来季に向け自己最多12勝をあげた17年以来となる規定投球回到達を見据えた。

 「ローテーションに入ったら規定投球回だけだと足りないと思う。やれる自信はあるので頑張ります」

 来季開幕は東京五輪のために早まるが「今も落とすことなくやっている」と調整自体は例年同様で、オフはスタミナ強化の走り込みに重点を置く。

 今季は10試合登板で4勝3敗に終わった。1軍に定着できなかった悔しさを糧に、早め早めの準備で巻き返しに備える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月8日のニュース