楽天 公式チアリーダー17人決定 球団のアルバイトから夢叶えたHONOKAら新人5人

[ 2019年12月8日 17:06 ]

<楽天公式チアリーダー「東北ゴールデンエンジェルス2020メンバー」発足式>フォトセッションで笑顔の(前列左から)SHIORI、RENA、KANO、KONOMI、MARI、HITOMI(中列左から)HOZUMI、MIKU、HONOKA、MINA、HIROKA(後列左から)NANA、HONOKA(新メンバー)、CHINAMI、YUKI、YUKA、MOEKO(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 楽天の球団公式チアリーダー「東北ゴールデンエンジェルス2020」の最終オーディションが行われ、新人5人を含む全17人のメンバーが決定した。

 新メンバーの1人であるHONOKAは、楽天生命パークで球団のアルバイトをしていた。スタンドの椅子に雑巾をかけたり、清掃などの雑務をこなしながらエンジェルス入りの夢をかなえた。HONOKAは「まだ実感がわかない。アルバイトを通して経験したことを生かしたい」と笑顔を浮かべた。

 同じく新メンバーのCHINAMIは関東在住だが、子どもの頃に住んでいた仙台にエンジェルスとして「凱旋」となった。今夏の都市対抗野球では大阪ガスの応援にチアリーダーとして参加していた。偶然にもその大阪ガスからドラフト1位で小深田が指名された。「小深田選手がドラフト指名されたのでうれしい。エンジェルスはいい意味でのびのび。地域活動もできる」と意気込んだ。

 今季の23人から17人となったことについて、担当者は「少数精鋭というか、1人1人のスキルを上げるため」と説明した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月8日のニュース