中日・渡辺200万円増で更改 開幕1軍スタートも…「やるべきことできなかった」

[ 2019年11月28日 17:44 ]

支配下1年目の今季を振り返る渡辺
Photo By スポニチ

 中日の渡辺勝外野手(26)が28日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、200万円増の年俸700万円でサインした。

 支配下登録1年目の今季は4月14日の阪神戦でプロ初安打を放つなど、27試合に出場。「開幕1軍に残れたのに、シーズンほとんどファーム。自分のやるべきことができなかった」と振り返った。

 1本足打法が特徴で、ソフトバンクの王貞治会長らを指導した故・荒川博氏の最後の弟子。12月4日はその師匠の命日で「今季の結果を報告して、来シーズン頑張れるようパワーをもらいにいきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月28日のニュース