中日ドラ1石川、仮契約1号 狙うは令和の3冠王「日本の4番を打てるように」

[ 2019年11月2日 05:30 ]

名古屋の街並みを背に笑顔でガッツポーズする石川(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日からドラフト1位指名された東邦・石川昂弥内野手(18)が1日、名古屋市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円(金額はいずれも推定)で仮契約。12球団の今秋ドラフト指名選手での仮契約第1号となった高校通算55本塁打のスラッガーは三塁にこだわりをみせ、今季初めて三塁でゴールデン・グラブ賞を受賞した高橋に挑戦状を叩きつけた。

 「サードで頑張りたい。試合に出るにはそういう方と競わないといけない」

 3球団が競合した逸材で高校日本代表の一員として出場した9月のU18ワールドカップ(韓国)でも木製バットへの高い適応力を見せた。「自分の目標は新人王を獲ること。その目標は変えずにやっていきたい」と迷いなく言い切った。高橋とのレギュラー争いに「(現状では)厳しいですね」と現状を見極めた上で「遠慮せずに持ち味を発揮したい」とプロらしく一歩も引かない構えも示した。

 将来的な野望は3冠王。普段はプロ野球を「あまり見ない」というが「プレミア12」を目前に控えた侍ジャパンには「4番の(広島)鈴木誠也さんを見ています」と熱視線を送る。「自分も日本の4番を打てるようなバッターになりたいという思いは強くなっています」。地元愛知県出身の大砲が、大きな夢を抱いてプロの世界に飛び込む。(北野 将市)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月2日のニュース