中京大中京 8回コールドで決勝進出 来春選抜出場が確定的に

[ 2019年11月2日 16:53 ]

第72回秋季東海地区高校野球大会・準決勝   中京大中京12―5藤枝明誠 ( 2019年11月2日    長良川 )

 中京大中京が8回コールドで快勝し、来春の選抜大会出場を確定的にした。

 2点を追う1回裏に中山礼都内野手(2年)の2点二塁打などで3点を挙げて逆転。中山は2回と8回にも2点打を放つ3安打6打点の大活躍で「高橋先生(監督)が選抜に行けていなかったので、絶対に連れて行こうとみんなで話していた。チームに貢献できるヒットが打ててホッとしています」と笑った。

 投げては来秋ドラフト候補の最速148キロ右腕・高橋宏斗投手(2年)が8安打5失点と苦しみながらも完投した。

 高橋源一郎監督は「私が(勝てば甲子園が決まる)あと一歩のところで負けていたので、選手に背負わせてしまったのかもしれませんね。先制されたが、粘り強くよくやってくれた」とねぎらい、3日の県岐阜商との決勝戦へ気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月2日のニュース