侍J、「プレミア12」初戦に向け台湾入り 稲葉監督「本番に向けて気持ちが高ぶってくる」

[ 2019年11月2日 15:40 ]

<侍JAPAN移動>決戦の地台湾に到着した稲葉監督(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 国際大会「プレミア12」に出場する侍ジャパンは2日、沖縄・那覇空港から1次ラウンドが行われる台湾入り。到着した桃園空港では約150人のファンに出迎えられた。

 桃園空港では坂本勇(巨人)らのユニホームを掲げるファンもおり、「稲葉さん、頑張ってください!」といった声も上がるなど、熱烈な歓迎を受けた。

 出国前に取材に応じた稲葉監督は「いよいよ現地に到着すると緊張感が増すと思いますし、選手も少しずつ、本番に向けて気持ちが高ぶってくると思う」と気を引き締め「良い状態で本戦を迎えられるように、良い準備をしていきたいと思います」と語った。

 チームは3、4日と全体練習を行い、5日に初戦ベネズエラ戦に臨む。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月2日のニュース