オリックス・岸田2軍投手コーチ 秋季キャンプ“デビュー”「みんな良く見えますね」

[ 2019年11月2日 16:47 ]

オリックス榊原(左)のブルペン投球を見守る岸田2軍投手コーチ
Photo By スポニチ

 今季パ・リーグの最下位に終わったオリックスの秋季キャンプが2日から始まった。投手は大阪、野手は高知での分離キャンプとなり、舞洲のオセアンバファローズスタジアムで始まった投手キャンプでは、今季限りで現役を引退した岸田護2軍投手コーチも“デビュー”した。

 ブルペンでは榊原らの投球を見守り、4年目右腕の吉田凌の投球を直接捕球する際には「うわ、良いよ~。(直球の威力で)刺された」と誉めながら指導する一幕も。岸田コーチは「みんな良く見えますね。さすがにみんな球が強い」と、奮闘する後輩達を頼もしげに見つめた。

 自らの引退試合で、「これからオリックスは強くなります」とあいさつし、後輩たちにエールを送った場面はファンの感動を呼んだ。今度は、その後輩たちの成長を助ける役割となった。「分からないことだらけですし、まずはじっくり選手を見ることから始めます」と、選手と綿密なコミュニケーションを取って、二人三脚でオリックス再建を支えるつもりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月2日のニュース