95歳!大洋初代「18」今西錬太郎氏が始球式「ワクワクしました」

[ 2019年10月5日 14:51 ]

CSファーストS   DeNA―阪神 ( 2019年10月5日    横浜 )

<セCS1st D・神(1)>始球式を務める今西錬太郎さん(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 DeNA初のCS本拠地開催となった初戦の始球式は、今西錬太郎氏(95)が務めた。阪急のエースとして活躍する中、1950年の球団創設と同時に大洋に移籍。初代背番号「18」を背負った。同年3月10日、下関で行われたセ・リーグ開幕戦(球団史上初の公式戦)で開幕投手を務め、完封勝利。

 球団創設70年の記念年に、大洋のユニホームで一球を投じた今西氏は「始球式でマウンドへ上がらせていただいた際、70年前の球団創設後初めての開幕戦の記憶が鮮明に蘇ってきました。久しぶりの投球で緊張しましたが、お客さまからの大きな拍手と歓声に、とてもワクワクしました。今日の試合は絶対勝って貰いたいという、願いを込めて大切に1球を投げ込みました」と振り返った。

 さらに2位からの日本一を目指すチームに「これから頂上決戦に向けて闘いが続きますが、チームには自分の力を出しきって勝ちをつかみとって欲しいです」とエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月5日のニュース