松坂、中日退団 感じ取った改革の“空気” 球団の慰留を固辞した理由

[ 2019年10月5日 08:30 ]

<中日・松坂退団>囲み取材で声を詰まらせる松坂(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 「平成の怪物」松坂大輔投手の中日退団が決まった。球団側に了承を得た4日、松坂と話す機会があった。「退団について、金銭面含めた駆け引きは一切なかった。今年はチームに貢献できなかったし、大幅減俸はもちろん…。それよりもチームの中で自分を本当に必要とされるかどうかだけだった」と話していた。具体的な条件提示がいくらだったかは分からないが「僕にはもったいないくらいの条件を出してくれていた」という。少なくとも最低年俸といったことはなかったようだ。

 球団が契約すると言ってくれているのだから、なぜ素直に契約しないのか。そういった声があるのはもちろん理解する。ただ、松坂は中日に入団した時からずっと考えていた。「僕は外様で拾ってもらった身。チームに不要だなという空気が出たら、自分からチームを去らないといけない時が来る」。若手が育ち、チームは改革に乗り出している。その空気を敏感に感じ取り、反応したのだと思う。

 松坂がチームにもたらしたものは決して小さくない。左肩痛から復活した小笠原には、キャッチボールの中でのつぶさな観察力を説いた。肩の状態に応じてどういった治療を施すべきかなど、自らの知識はおしげもなく伝えた。そんな一つ一つが金言となって、1軍で活躍した投手は1人や2人ではない。そんな話を向けると「コーチの立場でアドバイスするのと、同じ選手として意見を言うのとは違う」と話していた。現時点では指導者に興味がないようだった。

 今季未勝利。どれだけの球団が獲得に乗り出してくれるかは未知数だ。中日よりも明らかに低い条件にもなるだろう。だが、その目はまだ死んでいない。「球威やスピード全盛の時代で、どこまで(動くボールで)勝負できるかなど、やりたいことはたくさんある」。剛球で鳴らした平成の怪物が、令和の時代で新たな可能性にチャレンジしようとしている。移籍先決定までの推移を見守りたい。(記者コラム・倉橋 憲史)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月5日のニュース