巨人 “完全試合ノック”練習 原監督は手応え「思惑以上だった」

[ 2019年10月3日 05:30 ]

“完全試合ノック”練習を見つめる原監督(右)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 東京ドームで練習に臨んだ巨人の選手は、原監督の「練習に緊張感を持たせたい」との意向で、ミスなく27連続でアウトを取らないと終わらないノックを敢行。約1時間、5度目の挑戦で成功し、一体感が強まったことを感じた指揮官は「思惑以上だった」とうなずいた。

 また、3日に行われる紅白戦に、山口と桜井が先発する。ドラフト6位の戸郷は、9日から始まるCSファイナルSで、第2先発で起用されることになった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月3日のニュース