西武 高木勇に戦力外通告、巨人から移籍2年目 トライアウト受験へ「体は元気」

[ 2019年10月3日 14:56 ]

西武・高木勇
Photo By スポニチ

 西武の高木勇人投手(30)が3日、球団から来季の契約を結ばないことを伝えられた。この日、午後にスーツ姿で球団を訪れ通告を受け「生まれて初めて、戦力外通告を受けました」と話した。

 17年オフに巨人にFA移籍した野上の人的補償で西武に入団。昨季は8試合に登板したが、今季はわずか2試合の登板のみで、2回1/3を投げ防御率は7・71だった。高木勇は「西武で野球ができなくなるんだなと感じました。2年、あっという間の2年間だった」と振り返った。

 また、今後は現役続行を希望しトライアウトを受ける方針。「体はめちゃくちゃ元気なので野球を続けていきたい。トライアウトを受けて、他のチームが取ってくれるなら、そこで全力で投げたいという気持ちでいっぱいです。コンディションには何の不安もなくて、投げられず消化不良みたいな感じ」と語った。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月3日のニュース