戦力外通告3日目は2球団17選手 3日で全12球団が発表、76人に 第1次は4日まで

[ 2019年10月3日 17:00 ]

戦力外通告を受けた大石 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 プロ野球の第1次戦力外通告期間3日目となった3日、パ・リーグ2連覇を果たした西武が9選手、4位に終わったロッテが8選手に通告を行った。これで1日にスタートした1次通告期間に全12球団が戦力外を発表。通告されたのは3日間で計76選手となった。

 第1次通告期間はクライマックスシリーズ(CS)開幕前日の4日まで。第2次通告期間はCS全日程終了の翌日から原則として日本シリーズ終了翌日までとなっている。

 3日に各球団から発表された選手は以下の通り。

 ▼パ・リーグ
 【西武】大石達也、高木勇人、小石博孝、廖任磊、南川忠亮、松本直晃、郭俊麟、金子一輝、斉藤彰吾

 【ロッテ】関谷亮太、大嶺祐太、島孝明、阿部和成、高浜卓也、李杜軒、大木貴将、伊志嶺翔大

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月3日のニュース