巨人紅白戦 CSへ若林、石川、阿部、岡本にタイムリー

[ 2019年10月3日 19:20 ]

巨人紅白戦   紅組3―2白組 ( 2019年10月3日    東京D )

<巨人 紅白戦>3回2死満塁、原監督(右奥)の前で左前に2点適時打を放つ岡本(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 巨人は9日から始まるCSファイナルSに向け、東京ドームで紅白戦を行った。原監督は「実戦に即して、それぞれが緊張感を持ってやっていたので良かったと思います」と総括した。

【紅組】
(1)三塁・若林
(2)中堅・吉川尚
(3)左翼・石川
(4)DH・阿部
(5)二塁・山本
(6)右翼・陽岱鋼
(7)一塁・中島
(8)捕手・小林
(9)遊撃・増田大
P山口―高橋―古川

【白組】
(1)DH・亀井
(2)遊撃・坂本勇
(3)中堅・丸
(4)三塁・岡本
(5)一塁・大城
(6)左翼・ゲレーロ
(7)右翼・重信
(8)二塁・田中俊
(9)捕手・炭谷
P桜井―メルセデス―戸郷

 3回に紅組の増田大が桜井から中前打を放ち、続く若林が左中間適時打で先制。石川の左中間適時打に、阿部の右前適時打と打線がつながり、一挙3点を奪った。

 白組も黙っていない。直後の3回1死満塁。岡本が、高橋から左翼線に2点適時打。9月30日に都内ホテルで開催された「セ・リーグ優勝祝賀会兼CS激励会」で壇上に立ち、「今年は僕に任せてください」と宣言した若き4番の一打で、1点差に迫った。

 試合は特別ルールによりこのまま7回に終了。投手陣の成績は以下。
【紅組】
山口2回2安打無失点
高橋3回3安打2失点
古川2回2安打無失点
【白組】
桜井3回5安打3失点
メルセデス3回4安打無失点
戸郷1回無安打無失点

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月3日のニュース