日本ハム金子3回完全「本当にいい感じ」移籍後初の本拠地登板

[ 2019年3月4日 05:30 ]

オープン戦   日本ハム0―0DeNA ( 2019年3月3日    札幌D )

日本ハムの先発投手・金子は3回を完全投球(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 移籍後初の本拠地登板となった日本ハム・金子は先発で3回を完全投球。「しっかり打者と対戦できた。本当にいい感じで投げられた」と納得の表情で振り返った。

 最速146キロの直球、変化球の切れも上々で、3ボールは一度もなく持ち前の制球力も光った。3回に対戦したオリックス時代の同僚・伊藤光には得意のチェンジアップで左飛に。古巣が相手となる3月30日の開幕2戦目の先発が内定している右腕は「これがピークにならないように、もっと上げていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月4日のニュース