西武ドラ3山野辺、狙い通りのプロ1号 内角直球をガツン

[ 2019年3月4日 05:30 ]

オープン戦   広島10―4西武 ( 2019年3月3日    長崎 )

9回無死、左越え本塁打を放った山野辺はナインの出迎えを受ける(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 西武のドラフト3位・山野辺(三菱自動車岡崎)が「プロ初アーチ」を放った。9回先頭で、菊池保に対し、初球は内角、2球目は外角でカウント1―1。3球目は内角と読み、狙い通りに来た134キロ直球を左翼席に運んだ。「ギリギリだったけど、感触は行ったのかなと思った。ホームランになってよかった」。

 これまでは逆方向に打ちたいとの意識が強く、安打が出ていなかったが、試合前に8年目の駒月から「引っ張ってもいいよ」と助言を受け、気持ちが軽くなったという。オープン戦3打席目での初安打に安どの表情を浮かべた。

 それでも守備の反省も忘れない。浅村が抜け、二塁手候補として期待される山野辺。7回1死満塁では6―4―3の併殺を取り切れずに1点を失い「ゲッツーを取らないといけない場面。守備を完璧にして、打撃につなげていきたい」と課題を口にした。 (武本 万里絵)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月4日のニュース