阪神 ガルシア 2回1安打無失点 得意のドーム 開幕3連戦の登板の可能性高まる

[ 2019年3月4日 05:30 ]

オープン戦   阪神2―7ソフトバンク ( 2019年3月3日    ヤフオクD )

2番手で登板したガルシア(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 開幕投手はメッセンジャーに譲っても、先発ローテーションの軸の一人になるのは間違いない。阪神移籍後、対外試合初登板したガルシアは2回1安打無失点。中日所属の昨季、13勝のうち12勝をマークするなど得意としたドーム球場での強さを見せつけ、京セラドームで予定される開幕3連戦での登板の可能性が高まった。

 「いい感じで投げられたし、マルテのいい守備にも助けてもらった。ゲームで投げられたというのが一番の収穫だよ」

 メッセンジャーの後を受け、4回から登板した。先頭の中村晃への死球から1死一、三塁のピンチを招くも、甲斐の一塁へのライナーをマルテが好捕し併殺。5回は1死からの牧原のセーフティーバントを自らの好守備でアウトにするなど3者凡退に抑えた。

 「最初のイニングはしっくりいかない部分もあったけど、2イニング目はノーマルな感じで投げられた」

 先発の3本柱と目されるメッセンジャー、西が被弾した中での快投。今季はドームだけでなく、屋外でも頼もしさを見せてくれるはずだ。

(山添 晴治)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月4日のニュース