楽天・田中 右足首捻挫で侍ジャパン辞退 オリックス・大城が初の代表入り

[ 2019年3月4日 15:22 ]

台湾・ラミゴとの親善試合中に負傷してうずくまる楽天・田中
Photo By スポニチ

 今月9、10日に行われる「ENEOS侍ジャパンシリーズ2019」でメキシコ代表と強化試合を行う侍ジャパンは、楽天・田中和基外野手が右足首捻挫のために代表を辞退すると発表した。代わってオリックス・大城滉二内野手が出場する。

 田中は1日に行われた台湾・ラミゴとの練習試合で、守備の際に右足首をひねって途中交代。安部井寛チーム統括本部長は「NPBに(出場の)可能性としては難しいと伝えた」と話していた。

 初の代表入りとなった大城は「野球をしている間に一度は(代表に)入ってみたいと思っていた。うれしいというより、今は驚きの方が大きい。ミスを恐れず、走攻守の全てにおいて積極的に自分のプレーをしたい」とコメントした。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月4日のニュース