DeNA今永、初開幕投手へ前進 4回零封 毎回の7奪三振

[ 2019年3月4日 05:30 ]

オープン戦   DeNA0―0日本ハム ( 2019年3月3日    札幌D )

DeNAの先発投手・今永(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 抜群の安定感で、自身初の開幕投手へまた一歩前進した。DeNA・今永が4回を4安打無失点。最速148キロを計測した直球を軸に毎回の7三振を奪い「直球をある程度自信を持って投げられて、打者が空振りやファウルの反応をしてくれた」とうなずいた。

 石田、浜口と開幕投手を争う中で、実戦3試合で計10回をわずか1失点。ラミレス監督は「全体的に凄く良かった」と評価した上で「“今永が出れば誰も打てない”というくらいのものを本人も持ってほしいし、そういうコンディションをつくり上げてほしい」とさらなる成長を求めた。

 今永自身も求める理想は高い。「追い込んでからの投球が改善されていない。高さ、コースを頑張らないと」。今後は9、10日にメキシコとの強化試合を控える侍ジャパンに合流する。「新しい発見、考え方があるかもしれない。一言一句聞き逃さないように投手も野手も話をしていきたい」と貪欲な姿勢を見せた。 (町田 利衣)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月4日のニュース