栗山監督、清宮にハッパ「ゆっくりしてる場合じゃない」

[ 2019年1月20日 05:30 ]

ニッポンハムグループ展示会に参加した(前列左から)吉田輝、栗山監督、野村、(後列左から)柿木、生田目、田宮、万波、福田、海老原(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 日本ハム・栗山監督が右手首の炎症から復活を目指す清宮にハッパを掛けた。

 昨秋キャンプ後に違和感を訴え、今月10日に打撃練習を再開したばかり。2月9日の紅白戦出場にメドが立ったため、2年連続で1軍キャンプ同行を決めたが「ゆっくりしてる場合じゃないだろ。後輩が入ってきて先輩としての姿を見せないと」と危機感をあおった。清宮もキャンプ初日からのフリー打撃に「順調にいけば」と見通しを語った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月20日のニュース