巨人 田口 紅白戦登板に意欲「結果を多く出したい」

[ 2019年1月20日 06:25 ]

室内のブルペンでキャッチャーを立たせてピッチングを行った田口(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 開幕ローテーション入りが期待される巨人・田口が、2月3日の紅白戦登板に意欲を示した。

 今季初めてジャイアンツ球場で練習。「いつでも投げられる準備をしているつもり。結果を多く出したい」。今年2度目、国内では初のブルペン入りで捕手を立たせたまま42球を投じた。ドラフト1位・高橋(八戸学院大)も2度目のブルペン入りで30球を投げ、同じく紅白戦での登板も視野に入れていく。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月20日のニュース