19年ドラフト 大学投手は最速151キロ明大・森下がドラ1筆頭格 実力派捕手も多数

[ 2019年1月20日 09:01 ]

明大・森下
Photo By スポニチ

 19年ドラフトは高校生投手「四天王」が中心となる様相だ。大船渡・佐々木朗希、横浜・及川(およかわ)雅貴、星稜・奥川恭伸、創志学園・西純矢(いずれも2年)はいずれも最速150キロ超えの逸材。

 一方で、大学生の投手では最速151キロの明大・森下がドラフト1位候補で筆頭格。同じく昨夏、3年生ながら大学代表入りした東北福祉大の津森は最速149キロとシュートが持ち味の救援投手。最速150キロ右腕の近大・村西も注目株だ。

 また、東海大・海野、東洋大・佐藤都、早大・小藤、立大・藤野、慶大・郡司ら実力派の捕手がそろっているのも今年の大きな特徴だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月20日のニュース