19年ドラフト パナの大砲・片山に注目 投手はJFE西日本・河野&東海理化・立野

[ 2019年1月20日 09:01 ]

パナソニック・片山
Photo By スポニチ

 19年ドラフトは高校生投手「四天王」が中心となる様相だ。大船渡・佐々木朗希、横浜・及川(およかわ)雅貴、星稜・奥川恭伸、創志学園・西純矢(いずれも2年)はいずれも最速150キロ超えの逸材。

 社会人ではJFE西日本・河野と東海理化・立野の両投手が評価が高い。河野は鳴門から入社の3年目。17年に高卒1年目ながら都市対抗で補強選手に選ばれた。立野は中部第一出身で最速151キロの直球とカットボールが売り。日本選手権で12回完投するなどスタミナがある。

 野手では昨年年間6発を放ったパナソニックの大砲・片山に注目だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月20日のニュース