ヤクルト ソフトBスアレス兄獲り 150キロ超右腕、先発期待

[ 2018年12月9日 06:37 ]

アルバート・スアレス(AP)
Photo By AP

 ヤクルトが新外国人の先発候補として、ベネズエラ出身のアルバート・スアレス投手(29)の獲得に動いていることが8日、分かった。

 150キロ超の球速を誇る右腕でソフトバンクのロベルト・スアレス投手(27)の実兄。メジャー通算40試合で3勝8敗、防御率4・51。今季はダイヤモンドバックス傘下3Aでプレーし、10月にFAとなっていた。外国人はバレンティン、ブキャナンは残留。ハフ、カラシティーは保留選手名簿から外れている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月9日のニュース