中日ドラ1根尾 個人目標は遊撃GG賞 チームの勝利最優先も立浪以来の快挙目指す

[ 2018年12月9日 05:30 ]

ドラゴンズのユニホームをまとい、背番号「7」を披露する根尾(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は8日、名古屋市内で新人6選手の入団発表を行った。背番号7が正式発表されたドラフト1位・根尾(大阪桐蔭)は「早くグラウンドに行き、プレーしたい。背番号に負けない選手になりたい」と意気込んだ。

 「NEO 7」と記されたユニホームに袖を通し、気持ちを新たにした。「中日で日本一になることが一番の目標」とチームの勝利を最優先に掲げつつ、個人目標も口にした。

 「自分の中でもタイトルが欲しい。ゴールデングラブ賞です。まだまだ上の方がいらっしゃる。今はまだ言えないが、いずれは獲りたい」

 肩の強さは「誰にも負けない」と自負する根尾が一番欲しいのは名手の称号。もちろん「ショートで獲りたい」と付け加えた。

 長いプロ野球史で高卒新人の遊撃手が獲得したのは球団OBの立浪和義氏だけ。立浪氏は後に二、三塁手でも受賞したが、遊撃手としては88年の一度しか獲得できなかった。根尾が遊撃で2度、3度…と獲り続ければ、球団の高卒選手では初となる。与田監督も「まずはショートからスタートさせたい。日本のスーパースターにならないと」と期待した。

 「ショートでやっていくのに一番必要なのは守備。アピールポイントとして取りかかれる」と根尾。新時代の「ミスタードラゴンズ」になる自覚は十分だ。(徳原 麗奈)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月9日のニュース