マー君 来季の新グラブは癖バレにくい“ステルス仕様”

[ 2018年12月9日 05:30 ]

子供たちのキャッチボールを指導する田中(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 ヤンキース・田中が来季使用するミズノ社の新グラブが展示された。ウェブの構造を一新し、グラブ本体と一体感を持った曲線を実現。スタッフによると、変化球の握りなどの癖がより悟られにくいという。

 「特別なオーダーはしていない」という田中だが、癖を出さないことについては「そこはずっと意識している。投げて抑える以外を気にしてしまうと、いい影響は与えない」。癖のステルス仕様を高め、より一球に集中していく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月9日のニュース