ロッテ・角中 野球選手になっていなかったら?子どもの質問に驚きの回答

[ 2018年12月9日 12:46 ]

「ベースボールクリスマスin石川」に参加したロッテ・角中
Photo By スポニチ

 えっ?野球選手じゃなければゲーマー?日本プロ野球選手会が主催するイベント「べーすぼーるクリスマス2018in石川」が9日、石川県小松市の「こまつドーム」で行われた。

 12球団から28選手が参加し、地元・石川出身のロッテ・角中もユニホーム姿で子どもたちと触れあった。

 トークショーでは「野球選手になっていなかったら?」の質問に「ゲーマー」と回答。「ゲームが大好きだし、今はeスポーツも凄い流行っている。野球じゃなければ目指していたと思う」と話した。

 人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン」も「ネット対戦をよくやっている」という熱の入れよう。「ウイイレ」は19年茨城国体でもeスポーツとして採用される予定になっている。

 最後に子どもたちへのメッセージを求められた角中は「小さい頃から、毎日バットを1000回振っていれば必ずプロになれる」とスパルタ指令?を出していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月9日のニュース