大谷同僚事故死 強盗容疑で4人逮捕 置き石や投石で事故誘発

[ 2018年12月9日 05:30 ]

エンゼルス時代のバルブエナ(AP)
Photo By AP

 エンゼルスに今季所属したルイス・バルブエナ内野手(33)と、横浜(現DeNA)とロッテに在籍したホセ・カスティーヨ内野手(37)が母国ベネズエラで死亡した交通事故に関して、ベネズエラの警察が強盗容疑で容疑者4人を逮捕したことを複数の米メディアが7日(日本時間8日)、伝えた。

 窃盗団が車道への置き石や投石で事故を誘発させ、動けなくなった乗用車から金品などを強奪。4容疑者は亡くなった両選手の所持品を持っていた。大リーグ機構のロブ・マンフレッド・コミッショナーは「非常に悲しい一日となった」と声明を発表し、バルブエナ選手の元同僚のトラウトも「友よ、安らかに眠ってください」と自身のツイッターで投稿した。7日(同8日)はベネズエラでのウインターリーグ3試合は全て中止となり、追悼セレモニーが行われた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月9日のニュース