ソフトB川瀬 9球粘ってプロ初打点 初の二塁守備は反省

[ 2018年6月20日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク5―4ヤクルト ( 2018年6月19日    神宮 )

<ヤ・ソ>2回1死二、三塁、川瀬は右前に2点打を放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの高卒3年目・川瀬がプロ初打点をマークした。2回1死二、三塁から9球粘った末に右前に2点打を放ち「フライだけは打たないように。いいところに飛んでくれた」。

 1軍では初めて二塁を守り、6回には平凡な飛球を落球する失策も記録し「自分の集中力のなさ。守備で生きていかないと。今日は先輩方に助けられた」と胸をなで下ろした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年6月20日のニュース