ソフトB武田 打球直撃も5回零封 工藤監督「思いが出ていた」

[ 2018年6月20日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク5―4ヤクルト ( 2018年6月19日    神宮 )

<ヤ・ソ>4回2死、川端の打球を受けた左腕を見ながらベンチに戻る武田(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの武田が5回1安打無失点の好投を見せた。4回に川端の打球が左手首を直撃。下半身がつるアクシデントもあり、84球での降板した。

 「(5回で降板し)申し訳ない。(腕は)しびれた」と話した。約1カ月ぶりの勝利とはならなかったが、工藤監督は「思いが出ていた。それが大事」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月20日のニュース