阪神 甲子園で05年以降最少観客 悪天候に地震、サッカー日本戦も影響

[ 2018年6月20日 05:55 ]

交流戦   阪神1―3ロッテ ( 2018年6月19日    甲子園 )

<神・ロ>ガラガラのスタンドの中で投げるメッセンジャー (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 19日の阪神―ロッテ3回戦は観衆2万4127人で、実数発表となった05年以降の甲子園では11年10月20日横浜戦の2万4688人を下回り最少となった。

 降雨中止による追加日程だったことに加え、悪天候の予報や18日に発生した大阪府北部を震源とする地震の影響で交通機関のダイヤが乱れていたこと、午後9時からサッカーW杯の日本戦があったことなどが影響したとみられる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月20日のニュース