エース伊藤好投で中大タイ 連投7回無失点「何が何でもまた神宮で」

[ 2018年6月20日 05:30 ]

東都大学野球1部、2部入れ替え戦   中大5―1日大 ( 2018年6月19日    神宮 )

 2回戦1試合が行われ、1部6位の中大が2部1位の日大を5―1で下して1勝1敗とした。連投となった先発の伊藤優輔投手(4年)が7回無失点と好投。3回戦は20日正午から神宮で行われる。

 中大のエース伊藤が意地の好投だ。前日の1回戦では延長10回から登板もサヨナラ負け。それでも「感覚は悪くなかった」。前夜には主将の吉田叡が頭を丸め「4年全員で引っ張ろうという気持ちになった」と奮い立った。連投ながら先発すると、要所でツーシームが効き、7回2安打無失点。1部残留へ「連投は慣れている。何が何でもまた神宮でやりたい」と3連投も辞さない覚悟を見せた。

 ▼日大・仲村恒一監督(3安打1点に抑えられ)ここまできたら意地と意地のぶつかりあい。明日は総力戦です。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年6月20日のニュース