東大野球部 甲子園経験者は過去に22人が在籍

[ 2018年1月24日 10:01 ]

センバツ群像今ありて~第1章~

現在は商船三井に勤務する元松江北の楠井
Photo By スポニチ

 甲子園大会に出場し、東大野球部に在籍したのは過去22人いる。

 1949年夏全国制覇の湘南の三塁手だった脇村春夫は54年主将。第5代日本高野連会長を務めた。都立高で初めて甲子園に出場した80年夏の都国立からはエース市川武史ら4人が入部。時をおいて続いたのが松江北・楠井だった。05年春出場の高松の捕手・中村信博(現NHKアナウンサー)が22人目。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年1月24日のニュース