ヤクルト新守護神候補カラシティー来日「キャンプ待ち遠しい」

[ 2018年1月24日 17:29 ]

来日したマット・カラシティー投手
Photo By スポニチ

 ヤクルトの新守護神候補である前カブス傘下3Aアイオワのマット・カラシティー投手(26)が24日、来日した。

 最速99マイル(約159キロ)の直球にスプリットを主体に操る1メートル91の長身右腕は、日本を訪れるのは初めてだといい、「アメリカを出たことも今まで(過去に)一度しかないんだ。日本に来ることが出来て嬉しいよ。早くチームメートに会いたい。キャンプが始まるのが待ち遠しいです」と笑顔。

 入団決定後、同僚のブキャナンを、球団を通じて紹介してもらったそうで「日本についていろいろ聞いている。おいしいレストランも聞いているんだ。日本でプレーできることはすばらしいこと。ワクワクしている」と興奮ぎみに語った。背番号は37。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年1月24日のニュース