PR:

藤浪、魔球カーブで復活へ “ダル塾”でカーショーから伝授

ブルペンで投げ込む藤浪
Photo By スポニチ

 昨季3勝に終わった阪神・藤浪晋太郎投手(23)が23日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場でブルペン入りし、「ニュー藤浪」を披露した。ダルビッシュ有投手(31=ドジャースからFA)らと行っていた米国テキサス州での自主トレを打ち上げ、前日に帰国したばかり。メジャー屈指の左腕、ド軍のクレイトン・カーショー投手(29)から魔球カーブを伝授されるなど、「世界最強エキス」を吸収した。

 約2週間に及んだ自身初の米国自主トレで、藤浪は大きくなって帰ってきた。体重は100キロを突破。ダルビッシュの自宅で食事する機会が多く、「奥さんの聖子さんに作っていただいた」。ダルビッシュの栄養学の知識に加え、レスリング元世界王者が振る舞う手料理は栄養面が徹底管理されており、「体重を増やすだけではなく、絞り方とか、いろいろな話を聞いた」と体づくりの基礎を学んだ。

 そして、体以上に大きなものも吸収してきた。合同自主トレを行った場所はダラスのハイランドパーク高校で、同校出身のカーショーも参加した。サイ・ヤング賞3度を誇るメジャー最強左腕は、これ以上ない教材。「技術面やどんな意識で調整に取り組んでいるのかとかを聞いた。一番は、リリースの感覚や力の配分」と語った。

 5年目の昨季は、わずか11試合の登板で3勝5敗、防御率4・12。試合中に突如、制球が乱れるなど、心技体のバランスが崩れ、2軍落ちを4度経験した。この日は早速ブルペン入り。捕手を座らせて33球を投げ、変化球も交えた。「結局、余計なところに力を入れないという話なんですけど…。しっかり前でリリースできているし、打点(リリースポイント)が自然と高くなっているのはあると思います」と復活への手応えをつかんだ。

 カーショーからは、伝家の宝刀カーブも伝授された。「今までやったことのない感覚。彼ほどのカーブになるかと言われれば絶対に無理ですが、良い感じで投げられるし、真っすぐにも良い感覚が出てくるかな」と新たな武器も手に入れた。

 2月7日には紅白戦の登板が予定されており、早めに帰国したという藤浪。「充実した良いオフを過ごせた」。ダルビッシュとカーショーという、メジャーを代表する2人の投手から多くのものを吸収し、復活を期す6年目に向かう。

[ 2018年1月24日 05:49 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月23日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム