PR:

上原「もう1年メジャー」も…マイナーなら引退の意向

 米大リーグ、カブスからフリーエージェント(FA)となり、移籍先が決まっていない上原浩治投手が20日、野球教室を行った福島市で、今季メジャーでプレーして現役を引退したい意向を示した。「今年もう1年やりたい。契約があれば90パーセント以上の確率で(今季限りで)辞めるつもり」と語った。

 4月に43歳となる。メジャーでプレーできなかった場合は「マイナーだったらもう辞めます」と引退する考え。移籍交渉について「何個かあるが、契約には至っていない。見えてきそうでまだ見えない。もうちょっとの辛抱かな」と話した。

 巨人で10年、米国では4球団で計9年プレーしてきた。「去年からそういう思いはあったが、10年、10年の節目で終わるのが一番きれい」と引き際を考えていたという。

 日本復帰の可能性については「今のところは考えていない。お誘いもないので」と話し「今年のメジャー契約があって、いい成績を収めれば(来年の現役続行も)考えるけど、今はとりあえず今年1年しか考えていない」と胸中を語った。

[ 2018年1月20日 15:21 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:05月25日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム