緒方監督・かな子夫人 カープ絵本出版 長女が書いた文も

[ 2018年1月20日 09:30 ]

緒方かな子が描いた絵本「ぼくのヒーロー」の1ページ
Photo By スポニチ

 広島・緒方孝市監督の夫人でタレントの緒方かな子が描いた絵本「ぼくのヒーロー」が、20日から全国の書店及びインターネットで発売される。定価は1500円(税込み)。

 主人公の「ぼく」の目線でヒーローの姿として広島カープを描いた作品で、長女の佑奈さんが書いた文も添えられている。

 絵本の出版を記念し、今月23日から28日まで広島三越で、広島では初となる絵画&原画展が開催される。週末の27、28日には、午前11時と午後2時からギャラリートークと即売サイン会も行われる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月20日のニュース