清宮家、ドラフト前からシャウエッセン党だった 「さらに増えた」

[ 2018年1月20日 14:32 ]

<ニッポンハム グループ展示会>栗山監督からウインナーの試食を勧められる清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムの栗山監督やドラフト1位の清宮(早実)らが、千葉市内で行われたニッポンハムグループ展示会に参加した。

 清宮家では日本ハムのウインナー「シャウエッセン」がよく食卓に並んでいたそうだが、昨秋ドラフトで日本ハムから指名されて以降は「ずっとシャウエッセンを食べていたんですけど、ファイターズに決まってからはさらに増えた」と笑顔で話した。また、以前は「肉はあまり好んで食べていなかった」と意外なエピソードも披露したが、体づくりに取り組む過程で「今は大丈夫」とバランス良く食べることを心がけているという。

 この日のイベントには約4000人の株主や招待者らが参加。清宮は「たくさんの方々に来ていただいて、いろんな食品が(ブースに)展示されていて、こういう方々に支えられているんだなと思った」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月20日のニュース