胃がんからの復活目指す広島・赤松 まずは2軍で本格合流「全部入るつもり」

[ 2018年1月20日 08:00 ]

広島の赤松
Photo By スポニチ

 胃がんからの復活を目指す広島・赤松が日南・東光寺球場で行われる2軍キャンプ(2月6日〜27日)メンバーに入った。

 昨年1月に切除手術を受けて以来、約1年ぶりの本格合流に「不安もあるけど、自分の中ではワクワク感の方が大きい」と語った。水本2軍監督は「初の試み。本人やコーチと話し合い、できる範囲でやってもらう」と方針を説明。赤松も「付いて行けないとなれば仕方ないけど、全部(のメニューに)入るつもり」と前向きだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月20日のニュース