識者はどう見る?負傷の清宮 骨挫傷だけなら長引くことない

[ 2018年1月20日 09:41 ]

病院から宿舎に戻った清宮
Photo By スポニチ

 【日本ハム・清宮負傷で識者の見解】

 ▼今井一博・東京大学大学院総合文化研究科准教授(日体協スポーツドクター)骨挫傷は衝撃を受けて骨の中に炎症、腫れがある状態です。手指は感覚が鋭いので痛みが強いと思います。最初は安静にして状態を見て腫れが引いてくるまで冷やします。骨挫傷だけであれば、さほど長引くことはなく、後遺症などの心配もありません。ただ、MRIでは骨折を判別しにくいため、再診察およびエックス線などの再検査が必要です。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月20日のニュース