メジャー知る阪神・高橋コーチ 藤浪よ、カーショーに学べ「視野広げて」

[ 2018年1月20日 05:30 ]

阪神の藤浪
Photo By スポニチ

 阪神・高橋2軍投手コーチが米国で自主トレ中の藤浪について3度のサイ・ヤング賞獲得を誇るメジャー最強左腕クレイトン・カーショー(ドジャース)から一流の練習姿勢などを学び取ることを望んだ。

 「米国に行って、視野を広げて来て欲しい。(広島で同僚だった)黒田(博樹氏)がカーショーをリスペクトしていることも知っているしね。いろいろなことを学んできて欲しい」

 藤浪は今月上旬からテキサス州ダラスでダルビッシュ(ドジャースからFA)らと汗を流し、自宅が同州にあるカーショーとも練習を共にしている。トップに触れる絶好の機会に同投手コーチは自らの経験を重ねた。

 広島からメジャー挑戦した09年2月、招待選手として参加したブルージェイズの春季キャンプで感銘受けたのがサイ・ヤング賞を2度獲得し、通算203勝をマークしたロイ・ハラデーだった。

 「ハラデーはキャンプでも誰よりも練習していた。あれぐらいの選手でも、それぐらい練習をやる。日本でもアメリカでも一番練習をする人がトップになる。自分の中でブレないものを知ることができた」

 2軍で藤浪の苦闘を知るだけにカーショーとの出会いが復活への大きなきっかけとなることを期待した。米国自主トレは今月下旬までの予定。土産として持ち帰る“カーショーイズム”を楽しみにした。(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年1月20日のニュース