東洋大・原沢2打席連発4強 勇退の高橋監督を「日本一で胴上げしたい」

[ 2017年11月13日 05:30 ]

明治神宮野球大会第3日・大学の部準々決勝   東洋大9―1富士大 ( 2017年11月12日    神宮 )

<富士大・東洋大>6回1死三塁、原沢(右)が左越えに2打席連続となる2ランを放ち、ナインに迎えられる
Photo By スポニチ

 高校の部、大学の部でそれぞれ2試合が行われた。大学の部では東洋大(東都大学)が原沢健人内野手(4年)の大会史上8人目となる1試合2本塁打などで快勝。星槎道都大(北海道2連盟)は初勝利を挙げた。高校の部では創成館(九州)と静岡(東海)が4強入りした。

 東洋大は今季限りで勇退する高橋昭雄監督の秘蔵っ子が輝きを放った。5番・原沢が5、6回と2打席連続アーチ。1試合2本塁打の大会記録に並んだ。

 オーストラリア人の父を持ち、1メートル83、97キロの体格を誇る右の強打者。長打力を買われて1年春のリーグ戦からベンチ入りも、2年生以降は不振が続いた。今秋は2本塁打をマークするなど勝負どころで貢献。「監督には毎日怒られている」と苦笑いするが、歴代最多の東都542勝の名将が常に期待を寄せていただけに「1年生から使ってもらったのに監督に恩返しできていなかった。打てて良かった」と安どした。

 主砲・中川を故障で欠く中での活躍に指揮官は「最高だよ。こんだけ打ったら原沢は外せない」とご満悦。原沢は「最後は日本一で胴上げしたい」と誓った。 (松井 いつき)

 ▼富士大・鈴木翔(先発登板も3回4失点)ただただ力負け。空振りの取れる直球を打たれた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年11月13日のニュース