ヤクルト 田中浩に戦力外通告、現役続行を希望 12年ベストナイン

[ 2016年10月7日 16:03 ]

ヤクルト・田中浩康
Photo By スポニチ

 ヤクルトは7日、田中浩康内野手(34)に戦力外通告を行った。同選手は現役続行を希望している。

 小川シニアディレクターは「田中浩康選手とは、このことについて長い時間をかけて話し合いを行ってきました。球団の希望としては、現役引退後はスワローズの指導者として協力して欲しい旨を伝えてまいりましたが、本人の現役続行への強い希望があり、残念ながらこのような結果となりました」とコメントしている。

 同選手は04年ドラフト自由枠で早大から入団、07年には二塁のレギュラーを確保し、堅実な守備としぶとい打撃でチームをけん引した。近年は若手の台頭もあって出場機会が減り今季は31試合の出場にとどまった。07、12年のベストナイン、12年のゴールデングラブ賞を受賞。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月7日のニュース