西武・金子侑 盗塁王“断念” 登録抹消「歩くのもままならない状態」

[ 2016年9月28日 06:04 ]

西武の金子侑

 西武・金子侑が右脚付け根痛と右膝裏痛で出場選手登録を外れた。

 23日のソフトバンク戦(西武プリンス)から痛みを訴え、24日の同戦を欠場。田辺監督は「歩くのもままならない状態」と説明した。26日時点で、オリックス・糸井と並ぶリーグトップタイの53盗塁をマーク。鈴木葉留彦球団本部長は「盗塁王のチャンスがあったので2、3日は様子を見ていたが、厳しいだろうという判断になった」と説明した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2016年9月28日のニュース